三国町、坂井市、あわら市、福井市での新築、注文住宅、リフォームは 信頼と実績の工務店・石丸ハウスセンターへ

  • フォームからのお問合せはこちら お問合せフォーム
  • 電話からのお問合せはこちら TEL:0776-82-5533

エアサイクル工法ってなに?

Home » エアサイクル工法ってなに?

いろいろな工法があるけど、“エアサイクル工法”ってなに?

自然の力を利用して年中快適、エアサイクルの家は家族全員にうれしい住まいです。建物全体が呼吸しているようなつくりで建物内の温度と湿度をほどよく調整し、湿度が低いため骨組みの木が腐ることなく長持ちします。

特徴01:外張断熱工法です。

“外張断熱工法”って?

外張断熱工法とは、暑さ寒さから家を守る断熱工法の種類の1つです。

従来は、壁の内部にグラスウールなどの綿状の断熱材を入れていましたが、柱と断熱材の隙間からの冷気の進入を防ぐことが出来ず、冬季や梅雨時期の壁の中で結露を発生させ、木材が腐りシロアリが発生し、家の長持ちの妨げになっていました。またカビやダニの発生原因にもなっていました。

この外張断熱工法は、柱の外側から家中を専用の断熱材で包み込み、外部の冷気を完全に防ぎ、内部結露の発生を抑える工法です。

暑さ・寒さから家を守る方法は?

特徴02:エアサイクル層 連続した空気の流れ

空気の流れって?

今までの断熱材にはもう1つ問題があります。
それは、壁の中の空気の流れの悪さです。

もっと前の昔の家は土壁になっていて、室内と外部の空気の流れや湿度を調節してくれました。最近の家は土壁がなく、密閉するため、調節するための空気の流れもなくなってきました。これもまた内部結露などの原因となります。

エアサイクル工法では、専用の部材によって家の外側を包み込み、床下・壁・天井裏にゆっくりとした空気の流れを作り、家の隠れた部分で空気のよどみをなくし、湿度の調節役をしてくれます。たとえば、車のフロントガラスの曇りを取るために空気の流れを作るようなものです。家の中で常にゆっくりとした空気の流れを作っています。それによって土台や柱などは常に乾燥状態を保ち、シロアリなどの進入を防ぎます。

エアサイクル層:空気の流れ

特徴03:太陽や風、自然の力を利用したパッシブな機能

パッシブって?

ゆっくりとした空気の流れを作りますといっても、空気をまわすための機械が必要じゃないの?と疑問をお持ちになることでしょう。

でも、エアサイクル工法は太陽の熱や室内から発生した暖気が壁の中に伝わり、自然の力で壁内の空気を温め、暖かい空気は上昇する力を利用して、ゆっくりと空気をまわします。特別な機械は必要ありません。自然にまわることからパッシブ(受動的・自然的)な工法と言います。

自然の力を使うので、コストがほとんどかからないんです!

空気の流れ:暖まると上へ動く / 冷めると下へ動く
自然の力で空気循環をコントロール
 

ここがポイント!

この3つの働きによって暑さ寒さから家を守り、カビやダニを発生させずに家にとって大切な柱などの木材を長持ちさせ、快適な室内環境を作り出すことが出来ます。

家が長持ちすることは、そこに住んでいる人だって健康に長生き出来ることになるのです。でも、自然の力だけで暑さ寒さを調整しますから、住んでいる人にとってはまだちょっと暑かったり寒かったり感じることもあります。多少は冷暖房も必要ですから、その準備はなさってください。

 

エアサイクルシステムの家って、どんな快適の仕組みなの?

エアサイクルシステムには、室内に「夏」「冬」の切り替えスイッチがあります。これは、換気口の開け閉めをするスイッチです。季節に合わせて住まいを「夏型」「冬型」に切り替えることで、健康・快適な住まいを実現します。

夏:開く

夏は小屋裏換気口と床下換気口(エアオープナー)を開き、床下→壁→小屋裏と連通した空気層に涼しい風を採り入れます。日射による熱は家にこもらないよう、ただちに排出されます。特に夜の涼しい風は重要であり、集冷→蓄冷→放冷をくり返しながら夏の快適居住空間を実現します。

昼(夏)

昼:放冷と遮熱

熱せられた空気は上昇気流となって、小屋裏の換気口から屋外に放出されます。また、床下の換気口から取り込んだ涼風が、蓄冷機能によって夜間に蓄えた冷気とともに上昇し、建物を涼しくします。

夜(夏)

夜:集冷と蓄冷

小屋裏と床下の換気口から涼しい外気を取り入れ、家全体を涼気で包み込みます。夜間に取り入れた涼気は、床下の地熱をはじめ、壁、天井などに蓄えられ、温度が上がる日中に放出されます。

冬:閉じる

太陽エネルギーを充分に採り入れ、暖められた空気により流れを作り出します。集熱→蓄熱→放熱を繰り返しながら快適居住空間を実現します。

昼(冬)

昼:断熱と蓄熱

小屋裏と床下の換気口を閉じて冷たい外気の侵入を遮断するとともに、太陽熱によって暖められた空気が密閉された壁・小屋裏・床下の連通空間の中で移動し、建物全体を暖かい空気で包み込みます。

夜(冬)

夜:放熱と断熱

日が落ちて外気温が下がると、エアサイクルボードが断熱効果を発揮し室内の熱が逃げるのを防ぎます。また、生活の発熱エネルギーを利用して、建物全体を暖めます。

家づくりのご相談

お問合せはお気軽にどうぞ!
家づくりに関して、遠慮なくご相談ください。

お問合せフォームはこちら TEL:0776-82-5533